京都、お散歩日記

1人の時も、誰かと行く時も、京都のお散歩は楽しい

令和の枯山水庭園「霊源院」

昨年の夏、安井金比羅神社

「コロナ」と書いて縁切りを

してきた帰り道。

 

ふと、見つけたポスター


今川義元生誕500年記念

令和の枯山水完成 


少し気になり、立ち寄ってみた。

f:id:otomama3:20210131142931j:plain

 

建仁寺には何度も来ているものの

ここは初めて知ったお寺 。

 

塔頭「塔」とは「お墓」のことを

指すそう。

 

本山の住持が引退したり

亡くなられると、本山の敷地内に

小さなお寺を造り、隠居され

お墓の中で眠り

弟子たちが守っていく。

 

地図を見てみると建仁寺にも

様々な塔頭があった。

 

この長い道の先にあった

建仁寺塔頭霊源院

f:id:otomama3:20210131143041j:plain

f:id:otomama3:20210131143207j:plain

足立美術館の庭園を手掛けた

中根金作さんを祖父とする

中根庭園研究所の

中根行宏さん、直紀さんによる

新たな枯山水

「鶴鳴九皐(かくめいきゅうこう)」が

初めて一般公開されていた。

f:id:otomama3:20210210155257j:plain

f:id:otomama3:20210210155511j:plain

f:id:otomama3:20210210155626j:plain

f:id:otomama3:20210210155732j:plain

 インド・中国・日本と仏教の

伝来する様子を設計されたお庭。

 

お寺の係の方に庭の大きな石に

座ってみることを

勧められて

石に座ってみると不思議と

心が落ち着いた。


お庭だけど、山にいるような

自然な感じの緑の木々。 


家に閉じこもっていた時間が

長かった私にとって

このお庭にどれだけ心が

和まされただろう。

 

この時期、紫陽花に似た甘茶の花が

きれいに咲いていた。

f:id:otomama3:20210210155833j:plain


今川家の三男だった今川義元

幼い頃に仏門に入り

このお寺にも出家していた。


その後、二人の兄が亡くなり

今川家を継承されたよう。

 

ちょうど「麒麟が来る」に

義元が登場していた頃で

どのような人生だったのか

まだまだ知らないことばかり。


その大河も終わって

訪れてみたいと思った場所が

出来たので

 

少し落ち着いてきたら

歩きに行ってみようと思う。

ソワレのゼリーポンチ

新しい年になったものの京都には

緊急事態宣言が出ています。

 

お出かけを控えているこの期間に

昨年の書き忘れ日記を書いて

おこうと思う。

 

昨夏、20年ぶりに「ソワレ」

に行ってきました。

f:id:otomama3:20210121141854j:plain

 

昭和23年創業のレトロな喫茶店

f:id:otomama3:20210121142219j:plain

f:id:otomama3:20210122154030j:plain

 

宝石のようなゼリーポンチ。

いくつになってもキラキラ光る

ものに惹かれてしまう。

f:id:otomama3:20210112151742j:plain

f:id:otomama3:20210121143206j:plain

 

ソワレとは夜会という意味らしく

昔はこの青いライトの店内が

少し落ち着かなく感じたけれど

 

自粛続きで弱っていた私には

このライトが妙に

落ち着いてしまった。

 

今年に入って

はてなブログで初めて

言及されました。

blog.hatenablog.com

 

自分の中の京都の素敵を

残しておこうと思って書いていた

小さな日記だったため

大変びっくりしましたが

 

今年もマイペースに

自分の足跡を残して行こうと

思いました。

 

京都の春は桜がとてもきれいで

どこか凛とした雰囲気が漂う

私はこの季節の京都が好きです。

 f:id:otomama3:20210122153636j:plain


この春は少しでも安心して

観光する方が

京都に来れますように。

 

そして、今年はどうか良い一年へと

向かっていきますように。

 

6月の四条河原町と猪一

今年が終わってしまう前に

緊急事態宣言明けの

四条河原町のことを

書き残しておこうと思う。

 

あの日、久々に出掛けてみると

がらんとしていた。

 

バスやタクシーが溢れた道路も

走る車が少なく

 

観光客で混み合っていた歩道も

閑散としていた。

f:id:otomama3:20201204093552j:plain

f:id:otomama3:20201204093834j:plain

 

学生時代の平日の河原町

人が少なかった。

 

だけど、あの頃より街は何だか

ひっそりとしている。

 

そんなことを感じながら

久々に「猪一」に行った。

 

緊急事態が解除されたら

一番に食べたいと思っていた。

 

夏季限定の冷やしそばを

初めて食べる。

f:id:otomama3:20201204094851j:plain

 

お肉たっぷりなのに

さっぱりと美味しい。

 

だけど、主人が食べていた

冷やし炙りエビそばは

濃厚な味が印象に残って

美味しかった。

f:id:otomama3:20201204095015j:plain

 

こんな時期でも

いつもどおりの接客に

この店に来て良かったと思えた。

 

あれから、半年が経ち

 

やはりラーメンが食べたくなり

12月半ばに 「猪一 離れ」

行ってきた。

 

秋限定のあさりの白湯つけそば

f:id:otomama3:20201218202215j:plain

 

食べ終わってから、

スープに出汁を注ぐと

あさりの味が引き立ち

クラムチャウダーのような味になった。

 

主人は炙り和牛そばを

注文していた。


ネイサンチェン選手も

これを食べていたね。

f:id:otomama3:20201223142319j:plain

 

少し早い年越しそばだった。


2020年、大変だった一年が

終わろうとしている。


新しい年は良い年に

なりますように。。



 

 

美味しさに感動した西京焼き

口の中に入れた途端

ふわーっと魚の旨味が広がった。


「美味しい」


一見、素朴な夕ご飯だけど

今まで食べたことがある

西京焼きとは全く違った。

f:id:otomama3:20201223154503j:plain

 

「一の傳」の西京焼き。

 

ブログに書かれていた方がいて

美味しそうだなと気になっていた。

 

その後、偶然にも店の前を通りかかる。

店内の沢山のお客さんを見て

ますます気になった。

 

店の前のパンフレットを取り

値段を見る。

f:id:otomama3:20201225152230j:plain


自宅向けには買う決断が出来ず

この日は帰宅した。

 

数日後、義父の誕生日祝いを

考えていた時

あの西京焼きをふと思い出した。

 

会うことができず

何か美味しい物を送ってあげたいと

思っていたところ。

 

早速、送ってみると、とても喜ばれた。

 

そして、どこにも行かない

年末年始の我が家の食卓にも

送ってみた。

 

清水の舞台から飛び降りる

決断だった。

f:id:otomama3:20201223155158j:plain 

f:id:otomama3:20201223155046j:plain

 

「魚より肉!」という

子ども達がその美味しさに唸った。

 

冷凍も出来るから

残りはお正月にとっておく。

これとご飯があれば充分と思う。

 

その後、毎月一の日は

家庭用も売り出されることを知り

思わず注文してしまった。

 

年明けに再びやってくる。

 

食べた後も「美味しかった」

っていう余韻が残る。

 

やはり値段相応の味だった。

 

今年は大変な一年。

家にいる時間が増えた中

食べ物に一段と癒しを感じた。

 

来年もまた買って良かった!に

出会えますように。

 

お題「#買って良かった2020

ドーナツ屋さんのシュトレン

冬の楽しみの一つ

シュトレンを買った。

f:id:otomama3:20201213120056j:plain

 

今年は「ひつじ」のシュトレン

f:id:otomama3:20201213120324j:plain

 

バターや洋酒がきいている

シュトレーンと比べると

ここのドーナツを思わせる

優しい味だった。

 

しかし、ナッツはぎっしりと

入っているので

食べ応えはある。

 

私が行った時は

ちょうど昼下がりの時間帯

ドーナツの種類や数は

少なくなっていた。

 

にもかかわらず

店の右手の道には

ドーナツを求める人の列がずらり。

f:id:otomama3:20201213120615j:plain

 

「15分程すれば、もう数種類が

出来きあがりますよ」

と言われたけれど

 

残念ながら

 

この日は時間がなくて

シュトレンが買えたことに

満足だったので

 

その時、店にあった

クリームチーズ

紅茶&クリームチーズを買ってみる。

f:id:otomama3:20201213121055j:plain

 

材料にこだわり丁寧に作られた

ドーナツはとても美味しかった。

 

やっぱり他のドーナツも食べてみたい。。。

 

次はもう少し早い時間に行き

またリベンジしてみよう。

 

 

辻利兵衛の抹茶パフェ

旅行に行けなかった夏休み。


「美味しい、大きなパフェを

食べてみたい!」


と子ども達が言うので


ならば


みんなの願いを叶えるために

宇治で抹茶パフェを食べた。

f:id:otomama3:20201210141907j:plain

f:id:otomama3:20201210144058j:plain


家族でパフェを食べるなんて

もちろん初めて。


何とも贅沢な時間だった。


今年は近場で何か楽しみを

見つけようと


美味しい物を求めて宇治に

来た。


抹茶が濃い。

我が家の小学生達はもう少し

甘みが欲しいようだったけど


長女と大人にはこの抹茶の

濃さが絶品だった。


お盆休み初日の宇治


中村藤吉140分待ち

伊藤久右衛門20組待ち


街並みの混雑は目立たないのに

有名店には人が溢れていた。


なので、駅から少し離れた

辻利兵衛本店へ行ってみる。

f:id:otomama3:20201210144632j:plain


二組待ちだったものの

私達が食べ終わるころは

ここも順番を待つ人で溢れていた。


冬に来た時は閑散としていた

宇治にも観光客が戻りつつ

あった。


もちろん、大好きなロバで

久々に食事もしてきた。

f:id:otomama3:20201210145041j:plain


しかも、この日は数年ぶりに

ロバのパンの日に遭遇した。

f:id:otomama3:20201210145207j:plain


帰り道、キッズいわきぱふにも

立ち寄り

f:id:otomama3:20201211092027j:plain

f:id:otomama3:20201210145333j:plain


宇治を満喫して帰宅した。


みんな、食でお腹だけではなく

心も満たされて帰宅。


今度、宇治に行くならば

一度、源氏物語ミュージアム

立ち寄ってみたいな。


今週のお題「自分にご褒美」

山の上の美術館

宝積寺から再び坂を登る。


木々のトンネルを抜けると

まるで絵本に出てきそうな

小さな美術館がある。

f:id:otomama3:20201210121016j:plain


アサヒビール

大山崎山荘美術館

f:id:otomama3:20201210121055j:plain

 

山崎駅前からは無料の

送迎バスもあるけれど


坂道が続くものの

秋の山崎を歩いていると

心地よかった。


今回の河井寛次郎展は

アサヒビール初代社長の

山本爲三郎さんのコレクション。


歳とともに作風が変わりゆく

色とりどりのうつわがとても

素敵だった。

 

モネの睡蓮は常設のため

いつ来ても見ることができる。

子ども達は睡蓮の絵が好き。


中学生以下は入場料が

無料であることがとても有難い。

f:id:otomama3:20201210121933j:plain

f:id:otomama3:20201210122011j:plain

 

今回もカフェ企画があり

展示の内容をモチーフにした

ケーキがあるものの


美術館内のカフェは

しばらくはお休みみたい。

 

数年前に母と来た時に

御馳走になったお菓子は

ローベル・クートラスの

そのものだった。

f:id:otomama3:20201210134841j:plain

f:id:otomama3:20201210153607j:plain 


美術館のバルコニーからの

景色も秋色。

f:id:otomama3:20201210121141j:plain

 

庭園で少し休憩をしようと

と思っていたけれど

子ども達が空腹に耐えられず

そそくさと退散してしまう。

f:id:otomama3:20201210121221j:plain

f:id:otomama3:20201210121326j:plain

 

山崎駅前のタビタビで

お昼ご飯を食べる。

 

次から次へとお客さんが

やってくる。

 

秋を感じる良い休日だった。

f:id:otomama3:20201210133149j:plain